【ブログ】やさしい音。

最近、考えている事がありまして。

 

それは

カセットテープのある生活。

 

音楽を聴くための手段としては、衰退して久しいカセットテープ。

現在はサブスクが主流で、その前がMP3、その前がMD、その前がテープでしょうか。

使用率はさておきCDはこの間ずっと君臨しているので除きました。

 

そんなカセットテープ。

好きな音楽を持ち運ぶために、厳選したお気に入りの曲をダビングしたり、聴きたい部分を出すために早送りや巻き戻しをしたり、それでいて聴こえる音は籠っていて。

そんな不便さがどうにも最近恋しくなりまして。

 

まずは、手持ちのカセットテープを引っ張り出して聴いてみる事にしました。

 

ちなみに、再生機器ですが……

 

 

 

 

 

ちゃんと持っています!

 

引越しの時に捨てなかったオレ偉いぞ!

MDもVHSも、メディアが残っている再生機はどれもちゃんと残していますよ。

 

所謂昔ながらのラジカセ然としたレトロさはないですが、今日日まだ動くカセットデッキがあるだけで十分。

何も文句はないです。

 

あとはテープ。

 

 

 

 

 

インデックスの貼っていないものを10枚くらい出してきました。

 

 

 

中にはこんな懐かしいテープも。

横開きですよ横開き。

 

そして今こうして、自分の持っていたテープを見返して思ったのですが。

 

あまり音にはこだわっていなかった様子。

持っているテープのほとんどがノーマルポジション

どちらかといえば、ケースがスリムとかそういう基準で選んでいた気がします。

そして謎のアクシア推しだった気が。

 

そんな事を思い出しながら、テープを聴き返してみました。

 

レンタルしてきたCDをダビングしたもの

ラジオを録音したもの

アニラジ中のラジオCMだけを集めたもの

学生時代に友達と行ったカラオケの隠し録り

 

いろいろありました。

いろんな意味で悶絶しました。

 

それにしても

やっぱテープすごくいい!

 

この独特の音質、すごく落ち着きます。

音の悪さが良いっていう不思議。

 

なんだか、今の手持ちのデジタル音源もテープ化したくなりました。

 

なんだろう。

この定期的に来る、不便さやアナログへの回帰衝動。

 

カセットテープ、今度買いに行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA Image
Reload Image