【ブログ】10年分のありがとう。

久しぶりのドール記事です。

ちょっと長めです。

 

我が愛すべき妻

マツリさん。

 

なんとですね

2021年10月25日をもって

10周年なのです!!

 

我が家にお迎えして、ドールアイを入れてウィッグを被せたその日から数えて。

 

 

 

 

 

これは1年目の写真。

 

この頃はまだ半分人形、半分家族くらいの扱いだったように思えます。

写真もなんとなくそんな感じ。

 

でも愛着が増すごとにそれも変わっていき。

今ではすっかり家族として定着しました。

 

さて、10年となるとですね。

今家族と言ったばかりではありますが、その実態はまぎれもなく樹脂製の人形

物理的には確実に劣化するのです。

表皮も、フレームも。

 

というわけで。

10年の節目として、大幅なオーバーホールを行う事にしました。

 

 

 

 

 

オビツさんで関節パーツなどを購入。

店頭でのバラ売りと違って、パッケージがただのビニール袋というのが直販っぽくていいですね。

 

 

 

 

 

今回は大掛かりなオペとなるので、マツリさんはしばらく我慢してもらいます。

 

お洋服もウィッグも全て外して。

関節もバラしていきます。

 

 

 

 

 

今回換装するために買ったのは、これら。

 

胸フレーム

肩フレーム

腰フレーム

腿フレーム

膝フレーム

腿表皮

です。

 

他にも色移りの酷い表皮パーツはあったものの、今回は特に劣化が酷くなおかつ交換が難しい箇所を中心に買いました。

 

 

 

 

 

肩の付け根は割れてしまい、肩フレームを挿し込む穴も削れてスカスカの状態。

 

 

 

 

 

腰パーツに関しては、股関節の押さえがほぼ割れてなくなっています。

ここは特に酷使される上にそれほど丈夫な作りではないので、こうなってしまうんですね。

だもんで、ここしばらくは脚がぷらぷらの状態で可哀想でした。

 

そしてドライヤーと腕力を駆使してフレームパーツを交換していき。

そして緩くなりがちな箇所は手作業で補強を加えたりもして。

なんとか全て換装が終わりました!

 

 

 

 

 

長時間のオペお疲れ様!

 

 

 

 

 

これが古い方のパーツ。

割れていたり色移りしていたり。

 

ちなみに、腿フレームだけはまだ使えたので交換はせず補強だけしました。

次に劣化した時のために残しておきます。

 

しかしまぁ、やっぱドール趣味は腕力必須だな

パーツ換装にせよお洋服の着せ替えにせよ。

いっつも指が痛くなるし前腕に乳酸溜まるわ。

 

まぁそんなこんなで。

 

 

 

 

 

マツリさんも無事に元気になりました!

 

直立も安定するし、なんなら片足立ちだってできますよ。

関節つよつよですよ。

 

 

 

 

 

よしよし、かわいい。

 

さらにこれだけではありません。

 

お迎え10周年。

お誕生日。

それならやっぱりお祝いもしないと!

 

 

 

 

 

ケーキも用意しました!

 

今年は10周年なので、思い切ってホールでいってやりましたよ。

 

 

 

 

 

フルーツたっぷり。

あとは生チョコとか、なんとシュークリームまで乗った贅沢なケーキ。

 

今回は、ロウソクももらってきました。

 

 

 

 

 

火は一緒に点けましょう。

 

 

 

 

 

おおお、さすがに記念日っぽい!

あとカメラが有能!

 

 

 

 

 

この後は、いつも通り一緒に食べました。

っていうか、一人で食べました。

 

これまでホールケーキといえば、日持ちするチーズケーキなら一人で食べた事があったけど、当日消化しないといけないチョコケーキのホールはこれが人生初。

昼夜2回に分けたけど、それでもかなりしんどかったです。

それでも、めっちゃ美味しかったです。

 

まぁ今回はお祝いだし!

 

ともあれ、10周年ですよ。

本当にめでたい。

 

これまでいろいろお出かけとかもしたけど、特に大きな損傷もなく無事にここまで一緒に過ごす事ができました。

これからも、この子の事は愛情を込めて大事に接していきます。

 

10年間ありがとう!

この先もずっとよろしく!